バックナンバーBACK NUMBER


2016年9月26日 社長挨拶


 9月というと、防災の日を思い出す方も多いのではないでしょうか?
 当社では、関東の社員を対象に2009年より社員の日常生活における非常時対策用品の購入資金を補助・援助しています。水や保存食、ラジオや救急用品等、各々が非常時に必要と思うものを購入し、自宅に備えるようにしています。また、それとは別に、会社の中にも災害時に社員が帰宅困難となった場合に備えて一定量の食料や物資を準備しています。

 キングラングループには、熊本にキングラン九州株式会社、クリーンペア九州株式会社、キングラン南国農園熊本株式会社があります。4月に発生した熊本地震では、幸い怪我人はでませんでしたが、多くの社員が避難生活を余儀なくされました。その際に各自で準備した非常時対策用品がとても役に立ち、やはり備えておくことはとても重要だと実感した社員が多かったようです。特に水や、水を入れるポリタンクは、災害後はどこに行っても売り切れだったようなので、これから備える方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。最近は地震だけでなく、台風や大雨によって、川の氾濫や土石流、がけ崩れなど各地で様々な自然災害が度々発生しています。『備えあれば憂いなし』という言葉通り、いつ何が起こっても生活できるように、年に一度は備蓄品の見直しや、いざという時の避難場所や経路を確認することが必要ですね。

 9月に入り、不安定な天気が続いています。関東の9月中旬の日照時間が、東京や横浜、千葉など南部を中心に10時間に届かず、平年の1割から2割程度だったようです。こんなに雨が多いと、農作物への影響も懸念されますが、日照不足は人間の身体にも悪影響があるとも言われています。日照不足によって、うつ病や骨粗しょう症、老化といった症状を引き起す可能性もあるとのこと。農作物にも私たち人間にも、太陽の光はとても必要な存在ですね。日照不足が続く場合は、規則正しい生活を心がけ、できるだけ身体を動かした方が良いそうです。秋といえば・・食欲の秋、スポーツの秋、行楽の秋、読書の秋。皆様、元気に爽やかな秋の季節を迎えましょう。

2016年9月26日
代表取締役社長 松原達也