空調機器メンテナンスAIR-CONDITIONING EQUIPMENT MAINTENANCE


エアコン清掃・クリーニング事例紹介


エアコン洗浄作業


エアコンの分解洗浄を行いました。
夏の時期、冷房を使用すると、ドレンパンという部分にスライム状の汚れが発生します。
この汚れはポンプ詰りなど、エアコンの故障や悪臭の原因へと繋がります。
また、アルミフィン(熱交換機)の部分が汚れているとエアコンの効きが悪くなります。
エアコンを分解洗浄することにより、効率を上げ、故障を未然に防ぐとこが出来ます。

ファンコイル分解洗浄


大型の施設などによく設置されているFCU(ファンコイルユニット)の洗浄を行いました。
夏場のFCU内部は湿度が高く、カビが発生しやすい状態となっています。
アルミフィンにホコリや汚れが詰まっていると、更に発生しやすく臭いの原因となります。
スイッチを入れると臭いがする場合は、内部が汚染されている可能性があります。
分解洗浄を行うことによりホコリやカビを除去でき、キレイな空気が出るようになります。

フィルター清掃


フィルターの清掃をされていますでしょうか?
フィルターが目詰まりするとエアコンの効きが悪くなるだけでなく、 雑菌やウィルスの温床になったり、これからの時期に頭を悩ませる人も多い花粉が溜まりやすくなります。
また、内部が汚れやすくなり故障の原因へとつながります。
清掃を行うことにより、ホコリや雑菌・花粉などの飛散を抑えられます。

換気扇洗浄を行ないました。


換気扇の清掃をされたことはありますでしょうか?
室内の空気を循環し排気する換気扇ですがホコリや汚れにより 機能していない場合があります。
カバーにはホコリが目詰まりし、ファンにも汚れや詰りにより空気を排気できない状態になっている可能性があります。
分解して洗浄を行うことにより本来の機能に戻すことが出来ます。

家庭用エアコン


エアコンの汚れを気にされたことありますか
見てみてください風が出てくるところを・・・
汚れがひどくなると、風量が弱くなり効きが悪くなります。 また、カビやホコリによる弊害が起こる可能性があります。

エアコンの汚れにお客様に気付かされました。


■レストラン オーナーシェフ (福岡県)
ゆっくり食事を楽しんで頂けるように雰囲気を工夫しております。 ところが、、あるお客様が天井ばかり見るので、初めてエアコンの汚れに気付き、早速エアコンクリーニングをお願いしました。
定期的に清掃していただけるので安心しています。

いつもキレイでさわやかに過ごせるようになりました。


■老人保健施設 事務長
施設には、多くのお年寄りに入所していただいています。 人が直接吸い込むエアコンの風ですから、手入れや管理は大切だと思っていますが、職員は誰も大忙しでついつい管理不十分になってしまいます。
そんなとき、エアコン清掃サービスのおすすめを頂きました。
いまでは、いつでもキレイでさわやかに過ごせ皆さんに喜んで頂いています。