空調機器メンテナンスAIR-CONDITIONING EQUIPMENT MAINTENANCE


エアコン清掃で経費削減


ご存知ですか?エアコンの汚れ具合が大きく電気代を左右することを。
エアコンを綺麗にして無駄な電気代をカットしませんか?

エアコン等の空調機器は、熱交換機が汚れやほこりにより目詰まりすることで、熱交換率が下がり消費電力の増加につながります。エアコンの省エネが進んでいるとはいえ、お手入れをしなければエネルギーを無駄に消費してしまいます。

エアコン内部やフィルターに汚れが溜まったまま使い続けると、冷暖房効率が徐々に低下していき、汚れの具合が大きくなるほど消費電力も著しく増大します。エアコンを定期的にお手入れすることは経費削減につながるだけではなく、エネルギーの使い過ぎによる地球温暖化の改善にも貢献します。

汚染レベルで電気代にこんなにも差がでます!


汚染レベルによって電気料金は大きく異なります!

エアコンの汚染レベルと年間の電気料金の関係

なぜ、エアコンクリーニングが必要なのか?


電気代だけじゃない!エアコンクリーニングは人とエアコンの健康も大きく左右します!

衛生上の面から
清潔な空気で健康的な室内環境を
長期間クリーニングをしていないエアコンは内部が汚れているだけでなく、ホコリが多量にたまりやすく雑菌などの温床になっています。

エアコン内部は閉鎖された厳しい空間です。特に、換気が悪く湿気の多い部屋のエアコンや、機械内に常に水がたまった状態になる天井設置型のエアコンは、埃が蓄積したり、カビやバクテリアが繁殖しやすくなります。働くスタッフと施設を利用される方の健康のためにエアコンクリーニングをお勧めします。

機器性能の維持・長持ち
定期クリーニングで故障のないエアコンをアルミフィンが汚れていると熱の発生効率が悪くなります。
また送風ファンに汚れがこびりついていると回転風量が低下し、モーター等に負荷がかかります。
そのままにしておくと機器の劣化を早め電気代にも影響を及ぼします。
エアコンの耐用年数は15年。しかしすべてのエアコンがその寿命を全うできるわけではありません。

エアコン故障の6~7割はエアコン内部やフィルターの汚れが原因です。
エアコン内部の熱交換機やフィルターの目詰まりは、突発的な異常停止を起こす原因ともなります。