社長挨拶PRESIDENT GREETINGS


3月に入りました。3月と聞けば、いまだ多くの人は“3.11”東日本大震災を思い起こすのではないでしょうか。 発生からもう丸6年が経ちます。しかし被災地の復興はまだまだ途上です。現在も多くの人の行方が判明していません。 ご家族の心情を思うと胸が塞がります。
また、最近はいじめや人間関係の問題を取り上げる事件が毎日のように報道され、とても悲しい気持ちになります。 どうか多くの人が笑顔で毎日を過ごせるようにと祈り続けたい思いです。

当社では“3.11”を教訓に、2009年より社員の日常生活における非常時対策用品の購入資金を補助・援助しています。 水や保存食の他にも、各々が必要と思うものを購入し、自宅に備えるようにしています。 時間の経過とともに、日々の生活の中で惨事の記憶は薄れがちになります。
『天災は忘れた頃にやってくる』ということわざがありますが、忘れないでいること、そして常日頃から災害が起きた時の対策を練っておくことはとても重要です。


さて、キングランでは「ベストスマイル」と称した独自の制度があります。
これは毎年この時期になると全社員に実施しているもので、“自己申告書”と“360度評価表”という2つのものをからなります。
“自己申告書”は社員一人一人が異動や職種についての希望を提出するもの、“360度評価表”は上司が部下を、部下が上司を相互に評価するものです。
すべてにおいて社員全員の希望や意見を反映させることはできませんが、『最高の笑顔で働けるよう職場の環境を整える』材料として活かしていきたいと考え制度化しています。


キングランでは2月から春季キャンペーンが始まり、グループ全体は今、大変活気づいております。
会社とは言うまでもなく社員が存在してこそ成り立ちます。
そして、社員の成長があってこそ、会社が成長していけるのだと思っています。 キャンペーンは社員全員がさらなる成長と挑戦できる場の一つでもあります。 多くの社員が自分の目標を達成して笑顔で終えられることを願っております。


2017年3月8日
代表取締役社長 松原達也